HOME > 事例紹介

事例紹介

キーワードで検索
 

14件中(1~10件)

※画像をクリックすると画像が拡大します

住設部材 NEW

  • 住設部材
  • 住設部材
用途
ふすま枠(山田ダンボール株式会社様)
素材
H-PVC(硬質塩ビ)+ABS
特長
軽量で加工性が良く、コストパフォーマンスに優れています。

住設部材

  • 住設部材
  • 住設部材
用途
丸窓の内・外額縁
素材
PVC(塩ビ)+シート
特長
丸窓の額縁としてR加工したもので、意匠性に優れています。

環境配慮

  • 環境配慮
  • 環境配慮
用途
パビリオン屋根材
(佐渡商店街活性化イベント)
素材
ハイブリッドKAYA:当社で開発したプラスチックとバイオマスを複合化した茅(かや)
特長
天然物と見間違うほどの外観と質感があります。 もちろん、腐りませんし、防汚性にも優れ、汚れてもふき取りやすくなっています。

照明部材

  • 照明部材
用途
LED蛍光灯のカバー
素材
PC(ポリカーボネート)

車両部材

  • 車両部材
用途
トラック扉のパッキン材
素材
軟質PVC(塩ビ)+硬質PVC(塩ビ)
特長
軟質と硬質の2色押出成型が可能で、耐久性・柔軟性・寸法精度・移行性に優れています。軟質については軟質PVCだけではなく、オレフィン系エラストマー、スチレン系エラストマーの成型も可能です。

環境配慮

  • 環境配慮
  • 環境配慮
用途
羽田空港の展望デッキ床材・ベンチ
素材
環境配慮型木粉混合樹脂 (人工木材プラスッド)
特長
製材切りくずや家屋の廃木材などを微細に粉砕した木粉と、主にリサイクル樹脂を使用した製品であり、資源を循環させ、二酸化炭素排出量の削減を通じて環境に貢献致します。強度や剛性が高く、長期の耐久性に優れています。自然な木質感があり、木材に比べて色あせしにくくなっています。水に濡れても滑りにくく腐りにくいので、木材のように定期的な塗装作業が不要です。又、デッキ表面にビスが出ない安全設計もあります。JIS A5741「木材・プラスチック再生複合材」の認定を取得しています。

設備部材

  • 設備部材
素材
アルミ+ASA
特長
剛性を必要とした用途に採用され、カバー材の色調は自由に選択でき塗装が不要です。耐久性が高く抗菌性もあります。 結露防止の素材として内装サッシ・浴室ドア等にも採用されています。

機器部材

  • 機器部材
用途
自動販売機の取出し口
素材
PC(ポリカーボネート)
特長
透明性、耐熱性、耐衝撃性に優れています。

什器部材

  • 什器部材
用途
冷凍食品・アイスクリームなどのオープンショーケースの枠材
素材
硬質PVC(塩ビ)+ステンレス箔(厚み100μm)+マスキング
特長
金属と樹脂の複合化により製品剛性を拡大させ、温度変化による伸縮を大きく改善しています。 錆の心配がなく、成形時初期のままの仕上がりが維持され、装飾材として最適です。

住設部材

  • 住設部材
  • 住設部材
用途
システムキッチンの収納棚板
素材
PP(ポリプロピレン)
特長
長さは270~900㎜の範囲で使用できます。たわみ防止として、スチール芯で補強も可能です。凹凸をつけた表面すべりを抑えた製品形状を提案しています。 ダボ受け範囲が広く既存棚との置き換えも可能で、木製品に比べ意匠性、耐久性、耐汚染性がアップします。

樹脂成形に関するお問合せ・ご相談はこちらまで

樹脂成形に関するお問合せはこちら お問合せフォーム

ページのトップへ