HOME > フクビが誇る3つの技術 > 成形技術

フクビが誇る3つの技術

  • 成形技術
  • 素材の開発
  • 環境共生技術

ハイブリッドKAYA(樹脂と竹粉を複合化した茅)

素 材 竹粉+PP(ポリプロピレン)
特 長 利用価値の低い竹をマテリアル利用し、木質感を好む日本の風土に適した製品に仕上げています。”発想の転換”により、表面に不均一なシワを入れることに成功。天然の萱と区別がつかない程の意匠性を発現。
用途例 インテリア部材(壁材・床材・天井材・ブラインド等)
エクステリア部材(遮光材、簾、フェンス、衝立、犬矢来等)
  • PDFダウンロード

※写真をクリックすると拡大します

  • すだれ
  • 施工例:犬矢来
  • 施工例:佐渡パビリオン屋根材

一覧に戻る

樹脂成形に関するお問合せ・ご相談はこちらまで

樹脂成形に関するお問合せはこちら お問合せフォーム

ページのトップへ